• ホーム
  • ビリトラよりレビトラのほうが効果がある

ビリトラよりレビトラのほうが効果がある

薬を飲んでいる男性

勃起不全薬として日本でも正式に認可されているのが、レビトラです。
レビトラは他の勃起不全薬と比較して持続時間が長いことが特徴です。

そんなレビトラは、バルデナフィルという成分を主成分としており、勃起状態を抑制する働きを持つ酵素、ホスホジエステラーゼ5タイプを阻害することによって、勃起状態を保つことが出来るという仕組みのお薬です。

そんなレビトラの主成分と全く同じバルデナフィルを使った、ジェネリック医薬品が複数存在します。
代表的なものがビリトラで、インドの製薬会社により作られたものです。
レビトラと同様に、ビリトラにもバルデナフィルが何ミリグラム含まれているかという違いで、複数のシートが作られています。

ただ、ジェネリック医薬品ということで、新薬のレビトラに比べるとはるかに安い値段で買えるのが最大の魅力です。
そのため、あえてレビトラではなくビリトラを選ぶ人も多くいますが、レビトラが医療機関で処方されるのに対し、ビリトラは代行サイトで購入するしかありません。

実際に試した人の中には、成分量は全く同じでありながら、ビリトラよりもレビトラの方が効果があると感じる人も少なくないのです。
これには大きく分けて2つの理由が考えられます。
まずは、単純にジェネリック医薬品よりも新薬の方が質がいいという考え方をしている場合です。

成分量は同じであっても、後発のジェネリックに比べ、新薬の方が効果が高いという思い込みがもともとあるため、ビリトラとレビトラを飲んで比較してみると、レビトラの方が効果があると感じてしまいます。
脳による錯覚と言えますが、本人がそう信じている以上、現実においても効き目の差が出てくるところは、プラシーボ効果と同じといえるでしょう。

また、ジェネリック医薬品はバルデナフィルという成分と含有量は同じでも、薬としての形状を作り上げるために使われる添加物が、新薬と異なる場合があります。
この違いが、影響をおよぼすことは少なからずあるのは事実です。

ビリトラの副作用と価格

ビリトラはバルデナフィルという成分をレビトラと同じだけ含んでいますので、レビトラと同じ副作用が現れる可能性があります。
使用方法は1回の服用につき、ビリトラ20mgを上限とし、1錠服用します。
その後、24時間は服用期間をあけないといけません。

この使用方法をよく知らずに飲むと、副作用に見舞われることが多くなると考えられます。
また、指示通りに飲んでも副作用が出る可能性はあります。
ビリトラの副作用はレビトラと同じで、顔の火照りや目の充血、頭痛や動悸、さらには鼻づまりなどが特徴です。

副作用が出るとどうしても気になるものですが、一方で副作用が出たということは体が反応しているからだとも言えます。
頭痛に関しては、市販の頭痛薬を飲んでも構わないとされていますので、レビトラの副作用の対処方法を参考にしならが、ビリトラの副作用対策を行うのがいいでしょう。

気になる価格は、もっとも含有量の多い20mgで比較すると、レビトラが1錠あたりだいたい2000円弱となるところ、ビリトラを輸入代行サイトで購入すると、1シート10錠で2000円強という値段になっています。
つまり、レビトラ1錠に対して、ビリトラであれば約1シート買えてしまうのですから、経済的にはかなりの差が生じるジェネリックだといえるでしょう。

20mgは多いから10mgでいいという人も、10mgは割高になることから20mgを買って、自分でカッターでカットするなどして量を調整している人がほとんどです。
薬の量を調整するための専用のカッターであるピルカッターを使えば簡単にカットできますので、より経済的になっておすすめです。

20mgという量は外国人男性に合うとされる量であるため、日本人男性の場合、10mgで十分ということがよくあります。
カッターを使って上手に調整することが、金銭面においても上手に調整することにつながります。