• ホーム
  • レビトラと女性の効能について

レビトラと女性の効能について

男性のED(勃起不全)の治療を目的として作られたレビトラは、バイアグラの次に作られた2番目のED治療薬です。
世界的なシェアも増えてきていますし、その効果は男性にとってとても大きいという事で注目されています。

バイアグラの主成分がシルデナフィルであるのに対し、レビトラの主成分はバルデナフィルという成分です。
バルデナフィルによって血管拡張が起こり、海綿体に十分な血液を送り込むことが出来るため、勃起不全で悩んでいる方には大きな効果が得られます。
その症状を治療していくという使い方ではなく、使う時だけ効果があるため、継続して使う薬ではありませんが、精神的な事が影響しているEDの場合には、勃起不全であることがさらにストレスとなりその症状を進行させてしまうことが有ります。
しかし、機能することで安心して症状が回復するという事も考えられますので、色々な使い方が存在します。

ちなみに血管拡張によって海綿体への血流が良好になるという事を考えた時に、女性のクリトリスにも同じ作用が起こるのかという疑問を持つ方もいるでしょう。
女性のクリトリスも勃起する事で感度が増しますし、その気持ちよさというのは男性の何倍にも及ぶと言われています。
そのため不感症であったりして感じにくい方にとって、クリトリスを勃起させることは有効です。

レビトラに含まれているバルデナフィルの作用で確かに理論上はクリトリスを勃起させることが出来るかも知れません。
しかし女性用に開発された薬ではありませんし、レビトラを使用することで女性への不感症の改善などは医学的根拠は有りませんし解明もされていません。

レビトラのバルデナフィルの成分は、少なからず顔のほてりや頭痛、めまいや動悸などの副作用を感じることが有り、すべての人に起こるわけではありませんが、最悪副作用が起こる事を考えると女性は使うべきではないという結論に至るでしょう。

医学的根拠も解明されていないうちは、女性は使用を控えるべきです。

効果を確認する方法について

レビトラは女性にも不感症の改善に効果があるかと確認をする方法については、そもそも女性用に開発された薬ではないという事が前提としてあります。
理論的には海綿体への血流が良くなるバルデナフィルの成分によって、クリトリスの勃起も考えられますが、医学的根拠もなく解明されていない部分が多いため、最悪副作用が出てしまうという事もありますので使用はしないようにしましょう。

しかし、もし不感症で悩んでいるのであれば、女性用のバイアグラとしてラブグラやウーメラといった薬は開発されていて日本でも個人輸入によって手に入れる事が出来ます。
この薬は女性用に作られていますので、副作用のリスクは全くないわけではありませんが、薬の切れ目と同時に収まっていくことがほとんどです。
高血圧の方や心臓に疾患が有る方、またピルと併用するというのは控えた方が良いですが、それ以外の健康な方であれば比較的リスクも少ないので使ってみる価値が有るでしょう。

服用方法は男性用のバイアグラと同様に、性行為を行う30分から1時間ほど前の空腹時に水とともに服用します。
食事をした後や、柑橘系ジュース、またアルコールや牛乳と摂取しますと効果が感じられないこともありますので、水で服用するようにしましょう。
持続は4~6時間と言われていて、個人差も有ります。

クリトリスや膣内へ十分な血流がいきわたることで感度も良くなり、潤滑もスムーズに行われるようになります。
そうする事で不感症の問題や性交痛の悩みも解決することができ、多くの女性がリピートしています。
口コミや体験談を参考にしてみても、その効果は分かります。

レビトラは男性用ですので使用は控えた方が良いですが、女性用のバイアグラなら試してみると良いでしょう。