• ホーム
  • レビトラのジェネリックのサビトラの効能

レビトラのジェネリックのサビトラの効能

心配している男性

ED治療薬にも色々な種類がありますが、できるだけ即効性に優れた薬を求めているならレビトラがおすすめです。

レビトラの有効成分はバルデナフィルですが、バルデナフィルは水に溶けやすいという特徴を持っており、それゆえに効き目が早いとされています。
日本国内では2番目に販売されたED治療薬で円形でオレンジ色の錠剤です。

性的に興奮させる薬ではなく、勃起を抑える酵素の働きを抑え、血流を良くし、勃起を維持しやすい状態にしてくれます。
性的な刺激や興奮がないと作用しませんので、予期せぬときに勃起が起こってしまう心配もありません。

レビトラは食事の影響も受けにくいなど使いやすい薬ですが、ドラッグストアなどでは購入できません。
薬の購入は医療機関での処方となります。

レビトラの処方は自由診療となっており、飲んでいるときのみの効果ですので、薬の価格は決して安くはありません。
それゆえ、ジェネリックで安く購入したいと考える人もいますが、まだレビトラのジェネリックは国内では販売されていません。

とはいえ、海外ではこうした薬もすでに販売されており、サビトラもそのひとつです。
医療機関ではサビトラの処方は行われていませんが、個人輸入で入手することができます。
この時は代行業者を利用すればより購入がスムーズです。

サビトラはレビトラと同じくバルデナフィルが主成分となっており、使用方法も同じです。
そして、効果も同じように期待することができます。
サビトラはインドの製薬会社で製造販売されており、レビトラと同じ効果が期待できながらもかなり低価格で提供されており、ED治療費をより安くしたいという人に人気です。

とはいえ、やはり注意点はあります。
ネットで販売されている薬は時には偽造品が混じっていることもあり、知らずに購入してしまうと良い効果が得られないどころか、健康被害のリスクもあります。

それゆえ、ジェネリックであってもやはり正規品であるかはよく確認しておくことが大事です。

サビトラの副作用と価格

サビトラの使用方法は基本的にレビトラと同じで、性行為の少し前に飲むことで効果を発揮してくれます。
食事の影響は受けにくくなっていますが、しっかりと実感するならやはり空腹時がおすすめです。

注意点としては、やはり医薬品ですので、副作用が出る可能性もあるということです。

サビトラの副作用はレビトラと同じとなっており、頭痛やほてり、動悸や目の充血、鼻づまりなどがあげられます。
副作用の現れ方は個人差がありますが、通常は薬の効き目が切れると緩和されていきます。

もしも服用後に副作用が長く続くようであれば医師に相談しましょう。
さらに併用禁忌もある薬ですので、心臓病など疾患のある人は確認しておくことが大事です。

サビトラはレビトラと比べてかなり低価格で販売されています。
代行業者ごとに価格は違いますので、購入の際は良く比較しておきましょう。

薬はできるだけ安く購入できるほうが良いですが、他と比べて極端に低価格である場合は偽造品の可能性もありますので、慎重に選んでいきましょう。

安全に購入する方法としては、やはり個人輸入で豊富な実績があり、信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。
安くても知名度の低い業者や評判の良くない業者は避けたほうが無難です。

安心して購入するためにも知名度も高く、正規品保証や配送保証もきちんと行われている業者を選ぶことがおすすめです。

さらに正規品であっても間違った服用は副作用を強くすることにつながりますので、正しい飲み方を心掛けましょう。
多めに飲む、一日に何度も飲むなどは副作用を強めることにつながりますので、服用方法はもう一度確認しておきます。
次回の服用は24時間以上開けておく必要があります。