• ホーム
  • レビトラの販売中止でバリフを購入することもある

レビトラの販売中止でバリフを購入することもある

OKサインを出す男性

レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬です。
日本で承認されているED治療薬の中では最も即効性が強く、空腹時に服用すれば20分ほどで効果を実感できます。
さらに服用後45分ほどで血中濃度が最大となります。
性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的な使用方法です。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルには食事の影響を受けにくいというメリットもあります。
服用前にエネルギーが700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を摂取できます。

バルデナフィルは血管を拡張して血流を促進する効果があります。
ペニスの海綿体に流れ込む血液が増えることで勃起しやすくなります。
レビトラを服用後、ペニスを勃起させるには性的な刺激が必要です。
常に勃起状態となるわけではないので、生活の支障になることはありません。
バルデナフィルは即効性があり、空腹時に服用すれば20分ほどで効果を実感できますが副作用も存在します。
血管拡張に伴う血圧低下やめまい頭痛、鼻づまり、消化不良などが主な副作用です。

レビトラの副作用はどれも軽微なため、発症しても基本的に大きな問題はありません。
性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的な使用方法ですが、少量のアルコールで服用することも可能です。
アルコールで気分がリラックスすると、レビトラの効果が高まります。
バルデナフィルは食事の影響を受けにくいという特徴が存在します。
ただし空腹時に服用した方がより効果的です。
服用前に食事を摂取した場合には、消化するまで待つと効果が高まります。

レビトラは即効性があり食事の影響を受けにくい便利なED治療薬です。
基本的に病院で処方を受けることになりますが、海外から安く個人輸入することもできます。
またレビトラには同じ成分を含む海外製の安価なジェネリック医薬品も存在します。
レビトラのジェネリック医薬品は非常に安価なため、ED治療のコストを抑えることができます。

ジェネリックのバリフの効果について

レビトラのジェネリック医薬品には様々なものがありますが、特にインド製のバリフが有名です。
20mgの錠剤を1錠あたり約200円で購入することができます。
レビトラを病院で処方してもらう場合の価格は10mgが1錠あたり約1500円で20mgは約1800円とされます。
バリフは20mgが1錠あたり約200円で販売されているので、ピルカッターで半分にカットすれば10mgあたり約100円で使用できます。
病院で処方を受ける場合と比較して大幅にコストが下がるため日本でも人気があります。

バリフはインドの製薬会社が製造・販売していますが、現在は製造中止となっています。
インドでは製法特許が認められている一方で成分特許が認められていません。
製法を変更することで、同じ成分を含むジェネリック医薬品を自由に製造・販売できます。
バリフはバルデナフィルを含む安価なジェネリック医薬品として世界的に人気があります。
しかしバルデナフィルを開発したドイツの製薬会社が製造中止と販売中止を求めてインドで訴訟を起こしました。

これまでインドではバルデナフィルを含むジェネリック医薬品が自由に製造・販売されていました。
バルデナフィルを開発したドイツの製薬会社が訴訟を起こすと、インドの裁判所はバリフの製造中止を決定します。
ただし販売中止は認められなかったので在庫品の輸出は続いています。
現在でも在庫品が残っており、日本でも個人輸入することが可能です。
価格はレビトラと比較して非常に安く、効果などは同様なため人気があります。

バリフは在庫品がある限り輸出が行われますが、いずれは販売中止となる見込みです。
販売中止となった場合には、レビトラや他のジェネリック医薬品もしくは他のED治療薬を使用することになります。