最新薬のシアリスとは

日本で承認されているED治療薬は3種類ありますが、シアリスは最新で使い勝手が良いことから人気です。
最新の有効成分であるタダラフィルは食事の影響を受けにくく、遅効性があります。
他のED治療薬は即効性なため、服用後20分から30分で効果が現れます。
一方タダラフィルは分子構造がブロック状なので体内でゆっくりと吸収されます。
効果は服用後3時間ほど経過してから現れるのが通常です。
シアリスは効果の現れ方が緩やかなので、副作用を発症しにくいというメリットも存在します。

ED治療薬の有効成分はいずれも血管を拡張して血流を促進する効果があります。
血管が拡張されると血圧低下やめまい、顔のほてり、頭痛、消化不良などの副作用が現れます。
シアリス以外のED治療薬は即効性があるため副作用が現れやすく、全体の9割以上に何らかの症状が見られます。
一方シアリスは遅効性でゆっくりと吸収されるので、副作用をあまり発症しません。
実際に症状が現れるのは全体の3割程度です。
体に大きな負担をかけずにED治療ができるというメリットが存在します。

日本国内で承認されているシアリスには5mgと10mg、20mgの3種類があります。
一般的なクリニックでのED治療では、効果が強い10mgか20mgが使用されます。
効果の持続時間は10mgが20時間から24時間で、20mgは30時間から36時間とされています。
特に20mgを服用すると、長時間にわたってペニスを勃起させることができます。
シアリスは持続時間が長いため人気のあるED治療薬ですが、安全に使用するためには正しい使用方法を守る必要があります。

基本的にシアリスは性行為の3時間ほど前に水かぬるま湯で服用します。
服用前に800kcalまでの食事を摂ることも可能です。
ただしグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品は、タダラフィルの血中濃度を高めて副作用を強くするので避ける必要があります。

ED治療薬はどれくらいの効果があるのか

シアリスは世界で3番目に開発された最新のED治療薬です。
遅効性なため効果が現れるまで3時間ほどかかりますが、副作用を発症しにくいというメリットも存在します。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは持続時間が長く、最長だと36時間にわたって効果が持続します。
使用方法としては性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用するのが基本です。
少量のアルコールで服用すると、気分がリラックスして効果がさらに高まります。

シアリスは遅効性で効果がゆっくりと現れるため、副作用を発症しにくいという特徴が存在します。
また800kcalまでの食事であれば服用前に摂取しても問題はありません。
ただしグレープフルーツのようにフラノクマリン酸を含む食品を一緒に摂取すると、タダラフィルの血中濃度が高まって副作用が強くなります。
グレープフルーツなどを摂取した場合には、1日以上の間隔をあけて服用します。
フラノクマリン酸を含む食品以外にも硝酸剤などとの飲み合わせには注意が必要です。

シアリスの有効成分であるタダラフィルは血管を拡張する効果がありますが、同時に血圧が低下します。
硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を飲み合わせると、過度に血圧が低下するため危険です。
これらの医薬品とシアリスは飲み合わせることができません。
硝酸剤などを使用している場合には、医師への相談が必要になります。
また脳や心臓などに障害がある場合もシアリスの服用が制限されるので、同様に医師へ相談します。

シアリスは持続時間が長く、最長だと36時間にわたってペニスを勃起させることができます。
食事の影響を受けにくく、副作用も少ないというメリットもあります。
基本的に安全なED治療薬ですが、グレープフルーツなどの食品や一定の医薬品には注意が必要です。
脳や心臓などに障害がある場合にも、医師に相談する必要があります。